お気軽にお電話ください

03-6304-1980

朝9時~夜10時
土日祝も受付中!

メールでのお問い合わせ

不倫の冤罪/既婚者にだまされた!

不倫の冤罪

  • ・不倫していないのに、相手の奥さんや旦那さんからお金を請求されている
  • ・不倫をしていると疑われて嫌がらせを受けた

放置しておくと、嫌がらせがエスカレートしたり、裁判などの大事になるおそれがあります。
やっていないことは、きっぱりと主張しなければ周囲にも誤解されてしまいますし、もしも裁判で不倫があったと認められてしまったら、自分にとって大損です。
不当な疑いに対しては、論理的にきちんと反論し、適切な証拠を示すことで自分を守らなければなりません。
また、相手の行き過ぎた行動に対して、刑事上の責任を問える可能性もあります。

弁護士を通じて、毅然とした態度でのぞむことで解決できることが多くあります。
お悩みの方は、一人で抱え込まず、弁護士にご相談ください。

解決実績

  • 解決実績1

    内容証明の送付で、繰り返されていた不当な要求、迷惑行為が止んだ!

  • 解決実績2

    裁判で、相手の証拠のおかしな点を指摘し、論理的な反論を行うことができた!

弁護士費用

書面作成1通 5万円~(書面1通のみで解決できる場合があります。)

交渉・訴訟に関しては「弁護士費用」のページをご覧ください。
カード払い・分割払いにも対応しております。

既婚者に騙された

  • ・だました相手に対し、慰謝料請求をしたい
  • ・相手の奥さんや旦那さんから、慰謝料請求をされないか心配

独身と偽っていた既婚者に対しては、貞操権の侵害などを理由に、慰謝料請求をすることが考えられます。貞操権とは、簡単にいえば「自分の性的な権利」のことです。そもそも既婚者であれば付き合わなかったし、身体も許さなかったのだから、独身と騙され、自分の性的な権利を侵害されたと主張するということです。
実際に裁判でも、貞操権を侵害したことを理由に慰謝料請求が認められています。

ただ、既婚者と肉体関係を持ってしまった場合、あなたは客観的には「不貞行為」、いわゆる「不倫」をしてしまった状態にあります。
つまり、相手の奥さんや旦那さんから、慰謝料請求をされうる立場でもあるのです。
だました相手のことは許せない、慰謝料請求などの報復をしたいと思っても、このことが相手の奥さん・旦那さんにばれたら自分が高額の慰謝料を請求されるのではないかと、不安で思い悩んでいませんか?

交渉のプロである弁護士に依頼することで、自分の身を守りつつ、相手から慰謝料を獲得できる可能性が飛躍的に上がります。
将来相手の奥さんや旦那さんにばれた時にも備えて、今のうちにできる手立てがあります。
一人で抱え込まず、ぜひ弁護士にご相談ください。

解決実績

  • 解決実績1

    奥さんに知られることなく、相手から慰謝料を勝ち取った!

  • 解決実績2

    裁判で「既婚者と知らなかった」ことについて、適切な証拠を突きつけ、既婚者から解決金をとることができた!

弁護士費用

交渉 完全成功報酬になります。

交渉は完全成功報酬型!弁護士費用は、相手から回収した金額で支払うことができます。
訴訟に関しては、詳しくは「弁護士費用」のページをご覧いただき、お問い合わせください。
カード払い・分割払いにも対応しております。

お問い合わせ
電話だけで解決できる場合もございます 電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ
離婚Q&A
不倫Q&A
お気軽にお問い合わせください 電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ