お気軽にお電話ください

03-6304-1980

朝9時~夜10時
土日祝も受付中!

メールでのお問い合わせ

【既婚者に騙された】慰謝料等の相談は弁護士へ|レイ法律事務所

信じていた相手に裏切られ、立ち直れないほど傷ついている…

既婚者に騙された!…貞操権の侵害

交際相手が既婚者と知っていればそもそも付き合わなかったし、肉体関係にはならなかった。そんな方は少なくないと思います。
このような場合、独身と偽って嘘をついていた交際相手に対して、自分の性的な権利を侵害されたと主張できます。これを、法律用語でいうと、「貞操権の侵害」といいます。
貞操権とは、簡単にいえば「自分の性的な権利」のことです。そして、この貞操権の侵害を理由に、交際相手に慰謝料請求をすることができる可能性があります。
実際に裁判でも、貞操権を侵害したことを理由として交際相手を訴えた事案で、慰謝料請求が認められています。

もっとも、これには一つ注意点があります。
既婚者と肉体関係を持ってしまった場合、あなたは客観的に「不倫」をしてしまった状態にあります。
つまり、交際相手(既婚者)の奥さんや旦那さんから、慰謝料請求をされうる立場でもあるのです。
あなたは騙された被害者だと思っていても、相手の奥さんや旦那さんからは、加害者にしか見えないということがありえます。

嘘をついていた交際相手(既婚者)のことは許せない、慰謝料請求をしたい、訴えたいと思っても、このことが既婚者である交際相手の奥さん・旦那さんにばれたら自分が高額の慰謝料を請求される可能性があると思い、泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。
しかし、交渉のプロである弁護士に依頼することで、自分の身を守りつつ、相手から慰謝料を獲得できる可能性が飛躍的に上がります。
また、将来、交際相手の奥さんや旦那さんにばれた時に備えて、自分を守るために今のうちにできる手立てがあります。
近年、非常に多い相談の一つですので一人で抱え込まず、ぜひ弁護士・法律事務所にご相談ください。

一つでも当てはまる方はぜひご相談ください

  • ・交際相手が既婚者であることを隠していた
  • ・結婚すると約束していたが、約束を破られた
  • ・相手の奥さん・旦那さんに訴えられた、または訴えられないか心配
  • ・嘘をついていた相手に責任を取ってもらいたい

「ひょっとしたら彼氏が既婚者かも」

こちらのHPをご覧の方々の中には「ひょっとしたら彼氏が既婚者かも」と心配されている方もいるかもしれません。

「既婚者に騙された」というご相談から既婚者であることを隠している男性に多い特徴をまとめました。

  • ・親・友達に会わせてくれない。自分の親・友達に会いたがらない
  • ・スマホに着信があってもでない
  • ・土日に連絡が取りづらい
  • ・家を教えない、家に呼んでくれない
  • ・席を立つときも携帯や財布など、荷物を手放さない(身分証などを見られないため)
  • ・泊まらずに帰ったり、旅行を嫌がったりする
  • ・「バツイチである」とごまかそうとする
  • ・SNSでの公開を嫌がる

お客様の声

  • ・自分の尊厳を守ることができました。心から感謝しています。
  • ・傷ついた気持ちに寄り添って、優しくお話を聴いていただきました。

ご相談の例(解決実績)

解決実績

バツイチであると嘘をついていた既婚者から、慰謝料100万円を獲得

事案

Aさんは、インターネットを通じて知り合った男性と親しくなり、直接会ってデートをしたり、Aさんの家に泊まったり、二人で旅行に行ったりするようになりました。彼は、自分はバツイチであるとAさんに説明したうえで、Aさんに対し「一緒に住みたい」と何度も伝えていました。
しかし、彼の方は住所を教えてくれず、Aさんが不審に思って調べたところ、実際には彼には妻と子供がいることがわかりました。しかし、その後も彼は、Aさんと関係を続けることを迫りました。

弁護士介入後

Aさんの希望として、今後一切彼と関係を断ちたいということがありましたので、速やかに相手の男性に対し、今後の接触禁止と慰謝料の支払い、そして彼女に対する謝罪を求めて連絡をしました。交渉の結果、彼は自分のしたことを認め、謝罪するとともに、今後彼女に近づかないことと、慰謝料として100万円を彼女に支払うことを約束しました。

結婚するつもりだったのに…騙していた既婚者から、謝罪と慰謝料を獲得

事案

Bさんは、飲み会で知り合った男性に「付き合ってほしい、ゆくゆくは結婚したい」と告白され、肉体関係を持ちました。
しかし、彼の友人伝いで、実は彼は既婚者で、Bさんはずっと騙されていたことが明らかになり、Facebookのアカウントからは、子どもまでいることがわかりました。彼と結婚する将来を描いていた彼女は大変なショックを受け、精神科に通院するほどになり、何かできないかとご相談に来られました。

弁護士介入後

相手の男性に対し、慰謝料の支払いと謝罪を求めて連絡をしました。当初、相手は一切支払わないという態度でしたが、法的には慰謝料が発生するべき事案であること、Bさんのおかれた状況と傷ついた気持ちを丁寧に説明し、粘り強く交渉を行ったところ、慰謝料として100万円を獲得することができました。

弁護士費用

交渉 完全成功報酬になります。

交渉は完全成功報酬型!弁護士費用は、相手から回収した金額で支払うことができます。
訴訟に関しては、詳しくは「弁護士費用」のページをご覧いただき、お問い合わせください。
カード払い・分割払いにも対応しております。

ご相談の流れ

相談(受付時間 9:00~22:00 電話 03-6304-1980)

解決実績や過去の裁判例に照らし、今後の方針について具体的なアドバイスをします

相手方と交渉・調停・裁判

法律知識やテクニックを使って、書面や電話で相手方と交渉・裁判をし、適切な賠償・早期解決の働きかけをします

解決

今後のトラブルの種を残さないよう、最終的な合意書や和解調書を締結します

お問い合わせ
電話だけで解決できる場合もございます 電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ
離婚Q&A
不倫Q&A
お気軽にお問い合わせください 電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ